スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「榴弾の至近弾でバラバラになるチハ」の謎


「九七式中戦車は十五糎榴弾砲の至近弾で車体がバラバラになった……」
このフレーズは九七式中戦車という戦車を調べるにあたって、ときどき見つかる有名な話です。
大体は「損傷はしたが車台は耐えた」という一式中戦車とセットで語られ、旧軍戦車を表すエピソードの一つとしてしょっちゅうネタにされています。

しかし、このネタも一つ不可解な点があります。この話の出処です。
前述の話は「旧陸軍の対弾試験」でのエピソードとして伝わっており、幾つかの書籍でもそう書かれています。
有名なところでは「SATマガジン別冊 日本陸軍の戦車」や「帝国陸軍陸戦兵器ガイド―1872-1945」でしょうか。
しかし、これらの書籍でもその「対弾試験」に関する詳細は書かれることはなく、あくまで「~だったと言われる」というように書かれるだけです。
私も幾つかの公開資料で検索をかけましたが、手がかりとなるようなものが出てくることがなく、この「対弾試験」の資料については長年疑問のままでした。

しかし以前、靖国神社の偕行文庫で「機甲」の件で調べた際、偶然この「九七式中戦車の対爆能力」に関係する資料が見つかりました。
残念ながらその資料は大本の「九七式・一式中戦車の十五糎榴弾による対弾試験」では無く、得られる内容も微々たるものなのですが、ある程度の考察の参考にはなりそうな資料です。
今回はその資料を持って、九七式中戦車の対爆性能について検証を行いたいと思います。




今回発見された資料は、とある本(※後日確認して判明させました。「機甲将校必携」という史料です)の中にあった1ページの資料で、その名も「九七式中戦車に関する爆撃効力基準」という、そのまんまのタイトルの資料です。
概要は「九七式中戦車に対し一、二時間以上戦列を離脱せざるべからざる程度以上の各種爆弾の破片及び爆風の呈する効力半径は左表の如し」とあり、表にはその爆弾の種類と結果内容が書かれています。

あくまで1ページに書かれる内容なので内容も概略に収まっており、その被害の詳細を知ることは伺えません。
その本には他にも大量の車両に関するデータが収まっていたので、あくまで前線の兵士が目安として基準を把握するために作られた資料なのでしょう。
しかし、他の資料・実際での事例や様々な兵器の性能と合わせると、これだけでも様々な事が分かってきました。

とりあえず、まずは問題の表の内容について触れていきましょう。



img018.jpg
上の画像がその資料です。ぱっと見ていただければ分かりますが、表には「爆弾の種類」「爆弾の炸裂距離」「その他の注釈」の3つの項目があります。炸裂距離は車台の前・横・後の3つの区分に分かれており、メートル単位でその被害半径が分かるようになっています。これらを踏まえると、片手間に記憶するにはちょうどいいぐらいの内容で構成されていることがよく分かりますね。

爆弾の種類は2キロ、15キロ(一の文字の上に点の汚れがついており、二に見間違えやすいです)、50キロ、100キロ、250キロ、500キロの6種類の爆弾を使用しています。2キロ爆弾の所在は不明ですが、それ以外は陸軍の航空爆弾の「九二式十五瓩、九四式五十瓩、九四式百瓩、九二式二百五十瓩、九二式五百瓩爆弾」だと思われます。
これらの爆弾は、炸薬量が順に「2.41キロ、20.4キロ、44.2キロ、98.9キロ、209.7キロ」となっており、倍々式に炸薬量が増えていくようです。


では、それを踏まえて表の中身を見て行きましょう。

今回は、本資料の概要や中国戦線での戦車戦闘の資料(※1)を踏まえて、至近弾での被害を「懸架装置の一部破壊(履帯脱落、軌道輪・転輪一個の1/4を欠損、軌道輪・転輪一個の回転不可まで)」とし、直撃の場合の被害を「車台・装甲板の一部変形(装甲板の大きな湾曲、ボルト・リベット・蝶番・その他戦車外装備の一部の複数個破損まで)」「内部被害些少(乗員軽傷、或いは被害なし・内部装置の一部小破まで)」を「一、二時間以上戦列を離脱せざるべからざる程度以上の被害」と仮定して考察します。




まずは2キロ爆弾からです。
炸薬量は不明ですが、恐らく500g~800gも詰まっていればいい方でしょう。ちなみに、M4シャーマンの主砲である「M3 75mm戦車砲」の榴弾の「M48 HE」の炸薬量が約1.5ポンド(680.38g)であり、2キロ爆弾が75mm戦車砲の榴弾と同規模の炸薬量だと考えられます。

そんな2キロ爆弾の効果は……「直撃弾において十粍級の鋼板に効力あるも、十五粍級の鋼板には効力疑問なり」とあり、要は直撃弾でも九七式中戦車には殆ど効果が無いと書かれています。
この結果は、九七式中戦車の先祖でもある八九式中戦車が中国戦線で軽迫撃砲の直撃を複数回受けた際、その爆風が貫徹・装甲破壊はされなかったものの、装甲板が凹み修理に数日を要したという報告(※1)が上がってることから考えると妥当な結果なのかもしれません。
しかし、当たり前ですが目立った被害は無くともリベットやボルトには損傷を与えるため、何十発と喰らう事は出来ません。


次に15キロ爆弾です。
炸薬量は2.41キロで、これは大体アメリカのM101 105mm榴弾砲の「M1 HE」が2.18キロであることを考えると、一般的な105mm榴弾砲の炸薬量と同程度の規模の爆弾と考えていいでしょう。

その効果は「直撃弾にあらざれば効果期待し得ず」とあり、直撃弾であれば今回書かれている「一、二時間以上戦列を離脱せざるべからず」被害になる可能性があるといったところでしょうか。逆を返せば、至近弾ではほぼ効果が無いものと言える筈です。


次は50キロ爆弾です。この炸薬量20.4キロの時点から明確に数値化された被害が算出されます。
爆弾の炸裂距離が前方・後方だと1.5m、側面だと3.0mで該当する被害を被るようです。
この辺りは爆弾の威力の事を考えると「至近弾」と言ってもいい距離の内だと思います。
注釈には「一回大災を起せり」とあり、その詳細な内容こそわかりませんが、直撃するとそれなりの被害を及ぼす可能性が高い火力であることが分かります。

これが100キロ爆弾になると被害が拡大し、100キロ爆弾で前方・後方2.0m、側面4.5m、250キロ爆弾で前方・後方3.0m、側方7.0m、500キロ爆弾で前方・後方4.5m、側方10.0mになるようです。




これらの内容を踏まえて、今回の考察の本題を行いたいと思います。

まず、第一の問題である「十五糎榴弾砲の榴弾」の炸薬量がどれだけなのかという点ですが、これは米軍の「M114 155mm榴弾砲」で使用されるM102榴弾が7.06キロ、旧陸軍の四年式十五榴の九二式榴弾が7.67キロであることを踏まえると、大体十五糎級の榴弾の炸薬量は少なくとも6.0キロ~7.5キロであることが分かります。
仮に7.0キロとすると、今回の爆弾の炸薬量には丁度合致するものがありませんが、単純計算で15キロ爆弾の大体3倍、50キロ爆弾の1/3程度の効力を持っていると仮定出来ます。となると、十五糎榴弾の威力は丁度15キロ爆弾と50キロ爆弾の中間ぐらいの威力にはなるでしょう。

しかし、今までの結果を見れば分かる通り、九七式中戦車は50キロ爆弾の至近弾だと前面1.5mでないと目立った被害を与えることが出来ません。1.5mは人ひとりを寝転がせた距離間でしかないので十分に至近弾であり、砲撃・爆撃の散布界の事を考えればかなりの至近距離とも言えます。
つまり、20キロ以上の炸薬量を持つ爆弾・砲弾でないと至近弾で履帯を脱落させたり、懸架装置を破損させたり、車台や装甲板に対して見てすぐ確認できる被害を与えることが出来ないわけです。

一般的に表現される「バラバラにする」という単語のままを再現するには、少なくとも十五糎榴弾の至近弾による被害でリベット・ボルト・蝶番の大半を破壊し、主要な装甲板を大きく脱落させないといけません。
しかし、それよりも多い炸薬量と加害範囲を持つ50キロ爆弾ですら至近弾で九七式中戦車を1.5mで「一、二時間以上戦列を離脱せざる程度」の被害しか与えられない、つまり「バラバラにする」どころか小破が基本で、条件が良くても中破程度の損害しか与える事が出来ませんでした。
その結果は、今回の考察をするにあたってはとても大きい問題とも言えるはずです。



以上を踏まえれば、はるかに加害半径が大きい50キロ爆弾でこの程度の被害なのに、それよりも少ない炸薬量の十五糎榴弾の至近弾で「チハをバラバラにする」のは実質的に不可能と考えていいでしょう。
勿論、これらの内容はあくまで中途の資料による考察なので、今後の資料によっては実際の対爆性能が判明・変更される可能性があります。
しかし、それでもやはり十五糎榴弾による至近弾で九七式中戦車を「バラバラにする」のは不可能という結果はほぼ変わらないのではないか、と邪推する今日このごろの私でした。



・参考文献
「九七式中戦車に関する爆撃効力基準」
「支那事変戦車関係情報の件(※1)」Ref.C01004555800
「九二式15屯、九四式50屯、九四式100屯、九二式250屯、九二式500屯爆弾仮制式図中改正の件」
Ref.C01001741100








※余談

時々「M4シャーマンは九七式中戦車に対し榴弾しか使わなかった」という類の話がありますが、今まで確認されている全ての事例が装甲が再厚部でも12mmしかない脆弱な九五式軽戦車のみであり、九七式中戦車が榴弾で撃破された事例は存在せず、同時に九七式中戦車を榴弾での射撃で撃破した話を実証する資料は一切存在しません。

フィリピン・ルソン島での戦闘では距離8mという至近距離にで重見支隊所属の九七式中戦車新砲塔とM4シャーマンで構成された米戦車中隊での戦闘が行われていますが、その際に撃破された九七式中戦車は「徹甲弾がエンジン部分まで貫徹」しており、あくまで九七式中戦車の撃破は徹甲弾で行われていたことが戦闘結果から証明されています。

そして「榴弾で旧軍戦車が撃破された」と実際に記録が残されたペリリュー島には第十四師団戦車隊の九五式軽戦車15輌しか存在せず、九七式中戦車が配備された事実はありません。
また、ビルマ戦線でも同様の事例が起きています(詳しくは「山猫文庫第3版」様の当該記事にてご確認ください)が、これも九五式軽戦車であると交戦記録から確認されており、九七式中戦車ではありませんでした。

以上のように、従来確認されている「榴弾での撃破事例」が全てハ号であったことを考えると、戦車砲榴弾による九七式中戦車の撃破は無いものと考えていいでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい解説だと思います
しかし榴弾で撃破できるハ号って…

No title

50キロ爆弾というのは50キロの榴弾と同じ威力を持つものなのか?
砲弾の鉄の殻が厚いほうが効率よく遠くの物に殺傷力の高い力を届ける事ができるから15cm榴弾の威力は50キロ爆弾より小さいとは言い切れないような気もする。
と、書いているうちにこの考えが間違っているような気がメチャクチャしてきた・・・・・
強力な力で押し出される砲弾と違って爆弾はそういう力とは無縁だから,その重さで作れる最高の威力を持つ爆弾を作れるはずですからね。


プロフィール

Nyarlathotep_44

Author:Nyarlathotep_44
ただの旧軍戦車ファン
ついでに個人サークル「カダス戦車博物館」のサークル主も兼ねる

読みにくい記事ばかりなのは仕様です、申し訳ありません。

ブログについてのご質問、または私にご用件のある方は記事のコメント欄かメールフォーム、またはTwitterにてお気軽にご連絡ください。

レスポンス速度…Twitter>>メール>ブログ

Twitter:Nyarlathotep_44

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

企画
カウンター
バナー
NPO法人防衛技術博物館を創る会 『防衛技術博物館を創る会』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。