スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「阻止砲撃を苦もなく耐えるチハ」の話


※この内容を見る前に一度、前回の更新内容である
「榴弾の至近弾でバラバラになるチハ」の謎』を見ておくことをお勧めします。




という訳で久しぶりのブログ更新です。更新するのは一年ぶりぐらいな気がします。
基本熱しやすく冷めやすいタイプなので、特に更新する為のネタがないからと更新を放置する私も考えものです。

それはさておき、前回『「榴弾の至近弾でバラバラになるチハ」の謎』では、九七式中戦車の榴弾による対弾性を「九七式中戦車に関する爆撃効力基準」なる資料にて解説し、九七式中戦車こと秘匿名称「チハ」が榴弾の至近弾ではバラバラにならないのでは?という事をお話しました。

しかし「バラバラの話は砲撃試験での結果であって爆撃試験の資料じゃ説明にならないのでは」というような意見や「よく分からんペラ紙一枚の資料だけじゃ……」という意見、また他にも別の資料による別の視点からの意見をチラホラとあちらこちらで見かけました。

特に興味深いのは2ちゃんの某所でのレスですが、以下のURに掲載された内容です。
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1406686543/376
その内容を簡単に解説すると「少数の砲爆撃ではなく、突撃破砕射撃(敵の自陣突破を阻止するために行われる砲爆撃の事)による集中砲火なら至近弾で九七式中戦車を(バラバラはさておき)撲滅、つまり大破状態まで持ち込める可能性があるのではないか」という意見です。

私も実際以前から集中砲火による砲爆撃で九七式中戦車が耐えうるのかどうか、については疑問を感じており、手元にはそれに答えられそうな資料が少なく、自分の手に届く範囲だけでは手一杯の状態でした。
そこで、その頃私はたまたま東京の目黒区にある「防衛研究所史料閲覧室」に行く予定を立てていたので、そこで何か有力な手がかりがあるのでないか、と探してみることにしました。

するとなんと、向こうに「戦車の榴弾の至近弾に関する問題」と「集中砲火に関する問題」をそのまんま解決してくれる資料が2つも見つかるではありませんか。
今回の資料は資料そのまんまを(コピーなりで)転載することは出来ず、引用だけに落ち着いてしまいますが、今回の疑問にかなり答えてくれそうな資料です。

今回はその資料をもって、九七式中戦車の砲爆撃対抗性能について話していきたいと思います。



続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

Nyarlathotep_44

Author:Nyarlathotep_44
ただの旧軍戦車ファン
ついでに個人サークル「カダス戦車博物館」のサークル主も兼ねる

読みにくい記事ばかりなのは仕様です、申し訳ありません。

ブログについてのご質問、または私にご用件のある方は記事のコメント欄かメールフォーム、またはTwitterにてお気軽にご連絡ください。

レスポンス速度…Twitter>>メール>ブログ

Twitter:Nyarlathotep_44

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

企画
カウンター
バナー
NPO法人防衛技術博物館を創る会 『防衛技術博物館を創る会』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。