スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「榴弾の至近弾でバラバラになるチハ」の謎


「九七式中戦車は十五糎榴弾砲の至近弾で車体がバラバラになった……」
このフレーズは九七式中戦車という戦車を調べるにあたって、ときどき見つかる有名な話です。
大体は「損傷はしたが車台は耐えた」という一式中戦車とセットで語られ、旧軍戦車を表すエピソードの一つとしてしょっちゅうネタにされています。

しかし、このネタも一つ不可解な点があります。この話の出処です。
前述の話は「旧陸軍の対弾試験」でのエピソードとして伝わっており、幾つかの書籍でもそう書かれています。
有名なところでは「SATマガジン別冊 日本陸軍の戦車」や「帝国陸軍陸戦兵器ガイド―1872-1945」でしょうか。
しかし、これらの書籍でもその「対弾試験」に関する詳細は書かれることはなく、あくまで「~だったと言われる」というように書かれるだけです。
私も幾つかの公開資料で検索をかけましたが、手がかりとなるようなものが出てくることがなく、この「対弾試験」の資料については長年疑問のままでした。

しかし以前、靖国神社の偕行文庫で「機甲」の件で調べた際、偶然この「九七式中戦車の対爆能力」に関係する資料が見つかりました。
残念ながらその資料は大本の「九七式・一式中戦車の十五糎榴弾による対弾試験」では無く、得られる内容も微々たるものなのですが、ある程度の考察の参考にはなりそうな資料です。
今回はその資料を持って、九七式中戦車の対爆性能について検証を行いたいと思います。


続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

Nyarlathotep_44

Author:Nyarlathotep_44
ただの旧軍戦車ファン
ついでに個人サークル「カダス戦車博物館」のサークル主も兼ねる

読みにくい記事ばかりなのは仕様です、申し訳ありません。

ブログについてのご質問、または私にご用件のある方は記事のコメント欄かメールフォーム、またはTwitterにてお気軽にご連絡ください。

レスポンス速度…Twitter>>メール>ブログ

Twitter:Nyarlathotep_44

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

企画
カウンター
バナー
NPO法人防衛技術博物館を創る会 『防衛技術博物館を創る会』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。