スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九四式三十七粍戦車砲は独Ⅰ号戦車の砲塔後面装甲板を貫徹できない?

昨今、ゲームや映画の影響で某海軍さんの艦艇や航空機が流行のようですが、個人的には花のある空や海よりも地べたを這いずる回る方が性に合っているNyarlathotep_44です。

今年の夏はC84、所謂「夏コミ」に行ってきまして、様々な貴重な資料(その紹介とレビューは近々したいですね)を手に入れてきたのですが、そのついでに九段坂の偕行文庫へ行ってきて色々調べ物をしていましたところ、九四式三十七粍戦車砲(九五式軽戦車や九七式軽装甲車の主砲)に関する面白い資料を一つ見つけましたので、その報告をさせていただこうと思います。



さて、本題に入る前に一つ、この話に至る経緯を紹介しないといけません。
それはとあるサイトの記事にあった「旧陸軍の鹵獲独製Ⅰ号戦車」についてのページの最後にある「○○式三十七粍戦車砲によるⅠ号戦車への射撃試験」の結果についてのお話です。

一応補足しておきますが、ここで出てきた独製Ⅰ号戦車は、別にドイツと日本が直接対決して鹵獲したわけではなく、中華民国軍が日中戦争直前にドイツから輸入した戦車の一部である「Ⅰ号A型戦車」であると思われます。
このⅠ号A型戦車は日中戦争で全車が撃破、或いは鹵獲されており、今回試験に供されたⅠ号戦車の砲塔も、その時に鹵獲されたうちの一つだと言えるでしょう。

ともかく、そのサイトには一枚の写真が掲載されており、○○式(○○は資料上でそう書かれているので形式は不明です)三十七粍砲での砲弾が超飛(貫徹せずに跳ね返された状態)された後が残るⅠ号戦車の砲塔後部の写真が掲載されていました。それが以下の写真です。

BIfcXtgCUAAYZ1a.jpg

一号A型戦車の砲塔は後面で13mm厚の装甲板で、その部分は約50~75度の傾斜を掛けられていますが、正撃(物体に対して直角の角度で徹甲弾が当たること)であれば、対戦車用として利用される37mm砲の徹甲弾なら十分抜けてしまう数値だと思われます。それが抜けないとなると勿論大きな問題となってしまうのですが……

これをもって、サイト主は「九四式三十七粍戦車砲はⅠ号戦車を貫徹できなかった」という意見で〆られているのですが、私としては九四式三十七粍戦車砲の貫徹力の事を考えると少し気がかりに思いつつ(そもそもなんで九五式軽戦車ならびに九四式三十七粍戦車砲と断定できるのだろうと考えながら)も、手元にその意見を覆せるだけの参考となる大本の資料が無かったので実質放置状態でした。

そこで今回見つけた資料発見の話です。
その資料を以って、この話題について検証を行うことが可能となったので、今回は九四式三十七粍戦車砲の解説を軽く行いながら(本題の試験結果だけ気になる方は該当箇所までお飛ばしください)小話を進めていこうと思います。


続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

Nyarlathotep_44

Author:Nyarlathotep_44
ただの旧軍戦車ファン
ついでに個人サークル「カダス戦車博物館」のサークル主も兼ねる

読みにくい記事ばかりなのは仕様です、申し訳ありません。

ブログについてのご質問、または私にご用件のある方は記事のコメント欄かメールフォーム、またはTwitterにてお気軽にご連絡ください。

レスポンス速度…Twitter>>メール>ブログ

Twitter:Nyarlathotep_44

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

企画
カウンター
バナー
NPO法人防衛技術博物館を創る会 『防衛技術博物館を創る会』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。