スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C92新刊『教えて西隊長!砲戦車・自走砲のひみつ』頒布決定【8/12土曜東ム-24b】

日常に忙殺されながら迷走に迷走を重ね、また死ぬ気で書き上げた結果、なんとか完成しました。C92も新刊が出ます。
今回C92当落通知の告知がブログで出来ていないのはそこら辺が原因です……

旧陸軍が開発した「砲戦車」「自走砲」の2車輌について、図やイラストも使用して更に初心者に分かりやすく解説します。前々作「砲戦車と自走砲」と比べて「砲戦車と自走砲をカテゴリ別に分けて解説」「個別の車輌紹介で更に概説を読みやすく」など大幅に改定をしています。
あと今回は製作に迷走に迷走を重ねたため、何故かへったくそな導入漫画がついてきます。
今回は本当に初心者向けで、上級者の方が楽しめる内容は少なめかもしれません。
今回も図とイラストが多めです。ただ、図は前回の使い回しもあります。

既刊「砲戦車と自走砲」『日本の「砲戦車」教練規定』もある程度持っていきますので、前回手に入れそびれた人は是非。
また、今回も新刊は「とらのあな」様と「書泉グランデ」様に委託予定です。



新刊表紙+サンプル
C92用g

C92_sanple1a.jpgC92_sanple2a.jpgC92_sanple3a.jpgC92_sanple4a.png
スポンサーサイト

C92申し込みました&C91新刊委託情報


C92仮2

取り敢えず仮サークルカットでさっさか申し込みだけ行いました。あとで変えるかもしれませんが、多分変わらないかなと思わないでもないです……

C92にあたっては何を出すか散々悩みましたが、サークルカットに書いてあるように、夏はまずC91の本で載せられなかった自走砲の運用法とその戦歴(フィリピン主体、ビルマは史料的に難しいかも)について書いた小冊子を出す予定です。そこから、間に合えば何かもう1部、新刊として何か出そうかなと考えています。
今のところ候補としては戦車連隊整備隊の運用について書いたもの、ガールズ&パンツァーの「知波単学園」メンバーで解説する『漫画版「砲戦車と自走砲」』などがありますが、正直二つとも夏までに出せない可能性のほうが高いかと思われますので、あまり期待しないで待っていてください……




C91_Top_fix3.png

これは告知が遅れましたが、C91新刊『日本の「砲戦車」教練規定』の委託も行っています。
現在は「とらのあな」様と「書泉グランデ」様の二店舗で行っており、とらのあな様では通販委託も絶賛受付中です。
C90で頒布した「砲戦車と自走砲」も、引き続き「とらのあな」様と「pixiv booth」様で行っていますので(書泉グランデ様ではお陰様で売り切れました……今のところ再販予定は未定です)この2部を一度も手に取ったことの無い方はこの機会に是非御覧になってはいかがでしょうか。

C91新刊「日本の「砲戦車」教練規定」頒布決定【12/30東7館c-15b】

死ぬ気で書き上げてようやく完成しました。C91新刊出ます。

今回の新刊は『日本の「砲戦車」教練規定 ―昭和十七年の「運用」から見る砲戦車とその背景―』です。
日本の戦車部隊支援車輌『砲戦車』の昭和十七年度の運用思想を当時のマニュアルと参考図を使って初心者向けに分かりやすく解説。
昭和十七年の運用思想に行き着く経緯も一緒に見ていきます。
もちろん今回も、丸とかグランパをよく読んだり、ここをよくチェックするような大きいお友達向け用の付録つき。

今回は前回「砲戦車と自走砲」に比べて図をマシマシに増やして初心者により分かりやすくなるように制作しました。おかげで本文の苦行と共に図制作の苦行も発生したわけですが……
このスタイルが好評であれば、今後も無理しない程度に続けていくつもりです。

既刊「砲戦車と自走砲」もある程度持っていきますので、前回手に入れそびれた人は是非。

当日は【二日目金曜(12/30)東7館c-15b】カダス戦車博物館でお待ちしています。

新刊お品書き

C91_posuta-3.png


新刊表紙+サンプル

C91_Top_fix3.png
C91サンプル6a本文サンプル3本文サンプル4

C91当選しました。

C91サークルカット

タイトルのとおり、なんとか今回も無事当選することが出来ました。
配置は「金曜日:東7館c−15b」となりました。 今回は東館は東館でも新設された東7館に配置されたので、お間違えないようにご確認ください。
内容は予定通り、砲戦車と自走砲の昭和十七年頃の運用法についての初心者向け解説です。
進捗は正直悪いですが、絶賛執筆中です。なんとか間に合うよう頑張ります。

C90お疲れ様でした&C91申し込み完了&「砲戦車と自走砲」委託のお知らせ

遅れましたが皆様C90お疲れ様でした。
おかげさまで、当日はお昼に新刊120部が完売するという大盛況で初めてのサークル参加を終えることが出来ました。
正直不安でしょうがなかったので、この結果で終わって良かったとほっと一息ついたといった次第です。
いろいろ課題も出来た新刊ではありますが、今後はこの「砲戦車と自走砲」の増強改訂を行いつつ、他にも色々なものを出していこうと考えております。

また、C90新刊「砲戦車と自走砲」の委託通販をようやく開始しました。
現状は「とらのあな」様と「pixiv booth」様の2店でインターネット委託販売を行っております。
更に、書泉グランデ様ともただいま委託交渉中です。許諾が降りればそちらの方でも「砲戦車と自走砲」が並ぶことになるかも知れません。
当日買い逃した方、C90に参加できなかった方は是非此方をご利用ください。



C91サークルカット

そんなわけで、C91も無事に申し込みを終わらせました。
C91では間に合えば、砲戦車と自走砲の運用法を中心とした初心者向け解説本を出せたら、と考えております。
正直、砲戦車と自走砲は同じ、という人も「ではその砲戦車と自走砲は何がどう同じなのか?」という疑問にきちんと答えられる人は少ないでしょうしね……

C91では早々に無くなる、という事態は避けたいとは思っていますが、正直まだまだ需要の予測ができてない状態ですので、C91の内容に期待している、という方は今回の「砲戦車と自走砲」も手にとって頂けると幸いです。
プロフィール

Nyarlathotep_44

Author:Nyarlathotep_44
ただの旧軍戦車ファン
ついでに個人サークル「カダス戦車博物館」のサークル主も兼ねる

読みにくい記事ばかりなのは仕様です、申し訳ありません。

ブログについてのご質問、または私にご用件のある方は記事のコメント欄かメールフォーム、またはTwitterにてお気軽にご連絡ください。

レスポンス速度…Twitter>>メール>ブログ

Twitter:Nyarlathotep_44

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

企画
カウンター
バナー
NPO法人防衛技術博物館を創る会 『防衛技術博物館を創る会』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。